戯言



カテゴリ:手紙( 1 )


ハミルトン

拝啓 同居人

ジンバブエ人のあなたは現在フリーター。
B(バチェラー)、M(マスター)と修了し、PhD(ドクターの前の前)に就くための活動中。バイトの無い日はネットゲームに明け暮れる

「昨日は朝8時までやっちまったよ。ハッハッハッ!」

でもさ、それってダメな子ですよ。

1日映画2本立て、私が解らない顔をするとあなたは優しく言いますね。

「辞書持って来い!」

あなたは英語の先生です。

教えてくれる、米国式スラングを・・・
教えてくれる、英国式スラングを・・・

でもさ、もう混ざってしまって覚えきれません。

あなたは言いますね、

2年も住んだという花の都パリをつまらない街だと・・・
言ったことも無いのにアムステルダムはS○Xの街だと・・・
女は性格・顔なんか必要じゃない、体が全てだと・・・
好きな言葉は「S○X」だって・・・

でもさ、この場をかりて言わせてもらえば、お前間違ってる!

あなたは笑う、
ファースト・フード主体の私の食生活を。

「そんなに食べたら太るぞ!」

確かにあなたは毎日自炊、野菜も豊富で健康的。

でもさ、毎日5食で寝る前に必ずチョコレートケーキじゃ一緒だよ・・・
ていうか、170弱・85kgはヤバイよ・・・

そんなあなたと友達になれて良かった。

追伸 足が少し臭うので裸足は止めてください。
追追伸 お前何歳だよ!?

同居人 ヨウスケ
[PR]
by leere-worte | 2005-11-14 23:28 | 手紙


戯言日記
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30