戯言



奇跡

先日のこと、お盆で実家に帰り爺ちゃんの墓参りに行きました。
母方の祖父・祖母は私が学部生だった頃に亡くなり、父方の祖父も今年の3月に他界しており、たまにはね、と思いお墓参りに行くことに。

爺ちゃん(父方の祖父)のお墓はまだ無いということで、仏壇に挨拶してきたのですが、その時奇跡が、おじさんに呼ばれ座ると、一つの封筒をくれました。「爺ちゃんからの入学祝いだ」と。

亡くなった爺ちゃんのお墓参りに行ったら、爺ちゃんから大学院入学祝いを貰ってしまったのです。話を聞くと、お金の入った封筒が見つかって、加藤家の判断で私の入学祝いであるとしたそうです。

それぞれのストーリーにハッピーエンドを願うよ、例えばこんな話みたいに。
[PR]
by leere-worte | 2005-08-16 16:03 | 生活全般
<< 送り火 帰郷 >>


戯言日記
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30